Cross the Mongol  ~モンゴル横断 1人と2頭の物語~

気まぐれのんびり更新中!

piko
chataro
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 馬旅

馬旅

2016.11.14

【4日目】荒野の中のオアシス 馬旅
f
19

まだ闇夜に月がぼんやり輝いている明け方。 肌に突き刺すような寒さの中、昨日食べた残りのご飯の入った鍋に水を入れて、湯を沸かす。 徹夜でバッグの修復をしていたせいで30分しか眠れなくて、まだ体には疲れが残っている。 昨日は …

img_1158
2016.11.7

【3日目】Part2 一人馬旅1日目でボロボロになる 馬旅
f
35

逃げたジョナの綱をダイビングキャッチでなんとか捕まえ、一安心して立ち上がった。 その瞬間、興奮して跳ねているジョナの後ろ足が膝の上に直撃! 受け流せたけど、あまりの痛さに崩れ落ちた。 興奮して暴れていたジョナも急に大人し …

img_1146
2016.10.26

【3日目】荒野の中心で馬が逃げる 馬旅
f
3

朝5時、起きてみるとハチミツと抗生物質のおかげか40度あった熱もすっかり下がっていた。 空にも晴れ間が見えるし、昨日ほど寒くない! 念願だった馬旅がやっとできる事に胸を躍らせながら ジョナサンとクロにタップリと水を飲ませ …

img_1137
2016.8.4

【2日目】極寒×豪雨で40℃の高熱に 馬旅
f
5

朝、刺すような寒さで目を覚ますとテントの中には雨の音が強く響いている。 『なんでこんなに寒いんだ?』 凍えながら急いでお茶用にお湯を沸かす。 テントの中だというのに吐く息も真っ白で、雪でも降りそうな寒さだ。 アスカとミル …

8
2016.7.28

【1日目】ついにモンゴル横断スタート! 馬旅
f
12

眩しい朝日で目が覚める。 今日はついに横断出発の日。 あんまり実感のないまま、しばらくベッドで寝れることはないんだろうなとベットの感触を惜しみつつも起き上がった。 パンを食べて、一通りの支度をしてからミルカの両親にお礼を …

Exif_JPEG_PICTURE
2016.7.20

旅立ち前夜 馬旅
f
10

バッグを作ってもらった後、ジョナサンとクロに蹄鉄を打つ為、アスカの知り合いのおじさんの家に向かった。 普通、モンゴルの馬は蹄鉄なんてつけないんだけど、今回は距離が長いのでアスカがつけた方がいいって薦めてくれた。 町はずれ …

2013-06-27 00.27.39
2016.7.15

買った馬との初対面! 馬旅
f
11

朝、6時すぎに目が覚めた。 まだ少し体が痛む。 既にミルカと父親は外に出ているようだった。 少し寝すぎたかなと反省しつつ、ミルカのお母さんに勧められたお茶とパンを食べていると勢いよく玄関のドアが開いた。 まだ早朝というの …

Exif_JPEG_PICTURE
2016.6.27

ワイルドバス、終着地バヤンウルギーに到着 馬旅
f
19

バスに乗って2回目の朝。 膝と腰の痛みで目を覚ますと、隣の席のお姉さんも、通路の荷物に座っているおじさんも、俺の肩に首を持たれて寝ていた。 みんなと仲良くなって楽しかったけど、2日半も板の上に体育座りをしているとさすがに …

8
2016.6.20

ワイルドバスで最西端の町へ 馬旅
f
4

ウランバートルからバヤンウルギーまではバスで60時間。 座席の下の足を入れるところまで荷物でいっぱいで体育座りをしながら、なんとか耐えていた。 出発から4時間。 最初のバスのトイレ休憩が来た。 カチコチに固まった体を伸ば …

8
2016.6.16

世界最悪のバス 馬旅
f
44

15:00発、モンゴル西端の町バヤンウルギー行きのバスに乗る為、ドラゴンバスステーションに到着した。 モンゴル入国から約3週間。 やっとスタート地点となる町に行ける! すごく楽しみなんだけど、不安な点も1つだけあった。 …

8
« 1 2 3
PAGETOP